島暮らし体験「民泊一休」

隠岐諸島のひとつ知夫里島は、人口約500人の小さな島です。
手付かずの自然が残っており、人情味に溢れる古き良き日本に帰ってきたような場所です。そんな島の一軒の民家「一休」でひとやすみしながら心身ともにリラックスした時間をお過ごししませんか?
知夫里島は、ほぼどこからでも海を見渡す事ができ、隠岐諸島の中では最も島らしい体験を味わっていただけます。魚釣りや貝採りをして夜は囲炉裏を囲んでのお食事。
田舎の親戚の家に帰ってきたように楽しい時間をお過ごしください。
タイミングが良ければ裏山のタヌキ3兄弟があいさつに来るかもしません。


一休のご案内

お部屋

日差しがよく入る縁側付きのお部屋が2部屋

外観

玄関部分

囲炉裏の食卓

民泊とは?

自宅兼体験民泊施設ですので、一般的な民宿や旅館と違うという事をご理解して頂き、田舎の親戚の家に泊まりに来たような気持ち田舎のおもてなしをお楽しみください。
田舎体験は野菜の収穫や貝採り、釣り体験をしていただけます。食事の用意は基本的に共同作業になります。夜は自分たちの釣った魚や野菜を囲炉裏を囲んで楽しく団欒しましょう。

部屋数

2室

お部屋設備

テレビ(1部屋)・コンセント

施設設備

お風呂・トイレ・冷蔵庫

ご持参頂くもの

パジャマ・洗面具・タオル

風呂場にはシャンプー・リンス・ボディソープがありますが常備ではございませんのでご持参ください。

お風呂

トイレ

釣り道具

テーブル席と囲炉裏

ご案内

1日1組限定 

田舎体験がしたい方、自然が大好きな方、新鮮な魚介類が食べたい方
の〜びりとした知夫里島で気持ちも体もリラックスしてほしいから1日1組限定でのご案内になります。
田舎のお父さんと島暮らしを満喫してください!

民泊体験料金ほか

一人7,000円(税込)/2名様〜予約可
食事は共同調理になります。
※体験料理はメニューによって別途料金が必要な場合があります。

食事内容

イカ・サザエなどの魚介類を囲炉裏で焼いてお召し上がりください。また季節の魚の舟盛りも人数によりお出しいたします。
※海が時化て漁に出れない場合は他メニューになります。

体験メニュー

農山漁村体験/釣り
自然体験/貝採り

ご予約方法

お電話のみの受付になります。ご予約は1週間前までにお願いいたします。


体験民泊についての詳細

体験宿泊料金

お一人7000円(税込)/1泊2食

体験メニューによっては別途料金がかかる場合がございます。

食事は共同作業になります。

人数

2名〜8名まで

1日1組限定

部屋数

2部屋

ご予約方法

電話のみ

090-3659-7409

チェックイン

特になし

チェックアウト

特になし

持参が必要なもの

洗面具・タオル・パジャマ

部屋設備

テレビ・コンセント

食事内容

イカやサザエなどの魚介類を囲炉裏で焼く。

漁の状況によって食事内容が変更になる場合がございます。

体験メニュー例

釣りや貝採り

営業時間

特になし

定休日

特になし

住所

島根県隠岐郡知夫村来居1632


アクセス

午前中のフェリー(隠岐汽船)に乗船の場合

詳しい運行時間は隠岐汽船HPをご確認ください


米子駅・松江駅から七類港までバスが運行しています。
乗船手続きの用紙を記載して切符を購入してください。同じ時間帯に島後行きのフェリーも出航いたしますのでお乗り間違いの無いように船名をご確認ください。

冬季は午前中のフェリーは運行しておりません

午後のフェリー(隠岐汽船)に乗船の場合

詳しい運行時間は隠岐汽船HPをご確認ください


米子駅・松江駅から境港までバスが運行しています。またJR米子駅からJR境港駅まで電車でもアクセスできます。
乗船手続きの用紙を記載して切符を購入してください。
午後のフェリーは別府港で下船し、内航船に乗り換えて「来居港」までお越しください。
 

JR境港駅から隠岐汽船フェリー乗り場は隣接しております。
別府港のフェリー接岸の向かい側が内航船「いそかぜ」の乗り場になります。船内でも内航船についてのアナウンスがありますのでご安心ください。

隠岐空港からのアクセス

隠岐空港は隠岐諸島の一番大きな島「隠岐の島町」での離発着になります。
隠岐の島町「西郷港」から知夫里島「来居港」までは隠岐汽船でアクセスできます。

乗船時間 西郷港〜来居港(約2時間)

所在地

島根県隠岐郡知夫村来居1632

送迎について

港から、民泊一休までは徒歩で15分程度、車で3分程度です。予約時に送迎についてお申し付けください。
また島でレンタカーをご利用したい場合は、ご自身で知夫里観光協会にご連絡お願いいたします。
知夫里観光協会

コンビニのない魅力

自然と共に素朴な人々が暮らす島です。古き良き日本が残っており、昔に戻ったような錯覚さえ感じます。信号すらないような小さな島ですのでコンビニや大型スーパー、ドラッグストアなどがありません。日用品や食材を買うことは出来ますが、お薬やタバコなどは種類も少ないので決まったものがある場合はお持ち頂く事をオススメいたします。
便利さと離れた暮らしもお楽しみ頂くつもりでのんびりお過ごしください。

内航船で隠岐島前を周遊しよう

隠岐諸島4島のうち西ノ島・海士・知夫里島(島前3島)は大変近く定期的に内航船が運行しております。一休は港までもとても近いので知夫里を拠点に他の島を散策する事もできます。1泊目は知夫里で遊んで2泊目は島前観光というのもオススメです。
知夫里島観光協会HP
西ノ島観光協会HP
海士町観光ページ

おまけ・知夫里の風景